月経前症候群

生理前症候群の症状

イライラに代表される月経前症候群(PMS)とは、具体的にどのような症状なのかみていきたいと思います。PMSは個人差はありますが、月経が始まる1〜2週間ぐらい前から起こります。症状としては身体に起こる症状と、心に起こる症状の二つに分かれると言われています。身体に起こる代表的な症状には、

 

身体に起こる症状

  • 下痢
  • 頭痛
  • 吐き気
  • にきび・肌荒れ
  • 顔や手足のむくみ
  • 乳房のハリや痛み
  • 便秘

心に起こる症状

  • イライラ
  • 不安感
  • 鬱状態
  • 無気力
  • ピリピリとした緊張
  • 気分の落ち込み
  • 集中力の欠如

 

などが挙げられます。

生理前症候群の原因

月経前症候群はどうして起こるのか? その原因を知りたいところですが、実は現代の医学をもってしても、その具体的な原因というのはまだ解明されていないことが多いといいます。けれど、生理周期にともなう女性ホルモンの変化が主な原因の一つであることは一般的によく知られています。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があるのですが、そのうち、排卵後に増加するプロゲステロンが、身体のさまざまな器官に影響を及ぼし、そのために体調が不安定になると考えられています。

 

美しい女性のイメージ

また、黄体期のエストロゲンの急激な減少も、イライラした気持ちになったり、心に不安を感じる原因だとも言われています。

 

いずれにせよ、生理前の黄体期というのは、これら2つの女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンの濃度が急激に変化する時期でもありますので、身体に起こるさまざまな不調は、そのことが主な原因だと考えられているのです。

女性ホルモンが原因のイライラや不安感に、おすすめサプリメントはコチラ!


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ