生理前 吐き気

生理前のひどい吐き気、そもそもその原因とは?

生理前の吐き気

 

生理前のひどい吐き気、その原因は一言で言ってしまえば月経前症候群(PMS)の症状の一つで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こってしまう症状です。

 

 

また、もう一歩踏み込んだ原因を挙げるとすれば、それは「プロスタグランジン」というホルモンのいたずらです。

 

 

プロスタグランジンとは、生理の直前のタイミングに分泌されるホルモンで、子宮を収縮させる働きがあります。

 

 

排卵後、生まれてくる赤ちゃんのために作られる子宮内膜は、妊娠が成立しなかった場合、剥がれ落ちて血液といっしょに体の外へ放出されます(月経)。

 

 

そしてプロスタグランジンの子宮を収縮させる働きは、子宮内膜が剥がれ落ちるときに出る経血が、体の外へ放出されやすくするためのサポート役を担っているのです。

 

 

収縮というのは文字通り、「ひきしまって縮(ちぢ)まること」なのですが、そんな子宮の収縮がプロスタグランジンの過剰な働きによって頻度を増してしまうと、胃や腸にも余計な負担を与えてしまって、吐き気を催す要因を作ってしまうということなのです。

 

生理前の吐き気はこんな症状を伴います

生理前の吐き気についてはご理解いただけたと思いますが、そんな生理前の吐き気は、往々にして次のような症状を伴ってしまいます。

 

胃痛

先ほども触れたように、プロスタグランジンの作用によって胃腸にまで余計な負担を与えてしまうことになりますので、胃痛という症状も当然ながら起こってきたしまいます。

腹痛

腹痛も、プロスタグランジンの作用による腸への負担が要因と考えられます。

頭痛

生理前、女性ホルモンのバランスが乱れることで頭痛、この場合は多く偏頭痛が起こります。生理前に女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少することで、脳内の血管が拡張してしまって、それによって頭の中にある大きな神経「3叉神経」が刺激され、偏頭痛が発生します。

微熱

生理前はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が活発化するのですが、このプロゲステロンには体温を上昇させる役割があります。ニワトリが卵を温めるように、受精卵を育てて行く準備として、ある程度暖かい環境が必要になってきます。そのためにプロゲステロンは体温を上昇させると考えられています

寒気

プロゲステロンによって体温が上昇すると、身体は当然寒気を感じるようになります。

 

妊娠前の「つわり」と間違えやすい生理前の吐き気

妊娠と間違えやすい生理前の吐き気

吐き気に関わらず、生理前の身体の不調は、妊娠の超初期症状ととっても良く似ていると言われています。

 

 

でも、どのようになれば妊娠で、どのようになれば生理前の諸症状なのか?といった明確な線引きはもちろんありません。

 

 

吐き気に関して、体験談として言われていることは、生理前の身体の不調、いわゆるPMS(月経前症候群)の場合は、生理のだいたい5〜7日前に不調を感じるのに対して、妊娠の場合は生理の1〜2週間前に「つわり」のような症状が出始めるということです。

 

 

ただこれは、人によっても個人差がありますし、鵜呑みにすることは避けた方がいいでしょう。

 

 

心配な場合は婦人科を受診するか、最近では妊娠検査薬なども安価で販売されていますので、そちらを利用する手もありますね。

 

生理前の吐き気はだいたいいつごろから?

生理前の吐き気はいつから?

先ほどの “妊娠前の「つわり」と間違えやすい生理前の吐き気” でも触れましたが、生理前の吐き気は、生理のだいたい5〜7日前に症状が出始めることが多いようです。

 

 

そして症状が一番ひどくなるのは生理の直前、2〜3日ほど前。

 

 

でも、これらの症状の出方には個人差があります。

 

 

そして、その個人差、つまり “自分の場合” を正確に把握しておくことが、妊娠の超初期症状による吐き気との区別に大きく役立つことになります。

 

 

生理前のひどい吐き気、予防方法ってある?

生理前の吐き気の予防法

生理前のひどい吐き気は、PMS(月経前症候群)といういわゆる女性特有の病気の一種ですので、症状がひどい場合、それに対処するには、婦人科を受診して薬を処方してもらうか、市販薬や市販のサプリメントを購入するのが一般的な対処方法になりますが、普段の生活習慣の改善でPMSを和らげる効果が期待できるものもいくつかあります。

 

アルコールやコーヒー(カフェイン)などの刺激物は、女性ホルモンのバランスにも影響を与えてしまいますので、PMSの悪化を避けるためには、生理前はこのような刺激物は極力摂取しないように気を付けた方がいいでしょう。

 

 

また喫煙もホルモンバランスを大きく崩してしまいます。自分がタバコを吸っていなくても、受動喫煙にも注意が必要です。

 

 

また、日頃から偏りのない食習慣と軽い有酸素運動などの運動習慣は、PMS対策としては有効と考えられていますので、食事習慣、運動習慣にも気を付けてみてはいおかがでしょう。

 

生理前の吐き気を薬やサプリメントで対処するには

生理前の吐き気は、生理が終わることでもちろん終息していくものですが、あまりにもひどい吐き気やその他の諸症状で、日常生活を送ることが困難になってしまている方は、婦人科を受診するか、市販の薬、サプリメントの服用で様子をみてみる必要があるかもしれません。

 

 

プレフェミン

プレフェミン

 

ゼリア新薬から発売されているプレフェミンは、有効成分チェストベリー乾燥エキスを含むPMS(月経前症候群)の治療薬なのですが、プレフェミンは「要指導医薬品」ですので、インターネットでは販売が出来ずに、対面販売が義務付けられているお薬です。

 

 

 

女性のミカタ

“ココロ” と “カラダ” に分かれた2種のサプリメントが、あなたの悩みを優しくサポート!

 

女性のミカタ

「女性のミカタ」 の嬉しい特徴の一つとして挙げられるのが、サプリメントそのものが、“ココロ” と “カラダ” の2種類に分かれているところです。

 

やすらぎサプリは、月見草オイル、大豆イソフラボンなどの配合で、イライラ、鬱々、集中力の低下、ヒステリー、情緒不安定などの心の不調を主に受け持ち、すこやかサプリは、チェストツリーやメリロートなどの配合で、むくみ、乳房の張り、ニキビ・肌荒れ、頭痛、冷え性などの身体の不調を受け持ってくれます。悩みの部分にピンポイントでアプローチする、女性ホルモンのバランスをハーブのチカラで根本から整えてくれるサプリメントです。
キャンペーン定期初回特価:各980円(税込)  2回目〜:各1,782円(税込)

 

公式HPで詳細・キャンペーン情報などを確認してみる

 

おすすめポイント

この商品は、初回分を飲んで、万一身体に合わない場合でも、電話、メールなどでの連絡で「定期お届けコース」の停止が可能です。つまり1回だけでも解約が可能と言うこと。定期購入のコースは一定期間購入を継続しなくてはならないので敷居が高いとお考えの方でも、これなら気軽に試すことができるのではないでしょうか?

 

 

関連ページ

月経前症候群(PMS)の概略
イライラや鬱、その他身体にさまざまな不調を引き起こす月経前症候群(PMS)の概略です。
30代女性のうつ症状、PMSを疑ってみては?
うつ症状にお悩みの30代女性、意外とその原因が分からずに毎日悶々とされている方も多いのではないでしょうか?こちらのページでは、その原因をPMSに特定して、そも対処・改善方法などを掘り下げてご紹介しています。
生理前のむくみとサプリメントの効果について
生理前の身体の不調の中でも「むくみ」でお悩みの方は大変多いことと思いますが、そんな時のサプリメントの服用について、いくつかの注意点を掲載しています。どうぞご参考になさってください。
30代女性、だるくて疲れやすいのはPMSのせい?
30歳をすぎてから、どういうわけか疲れやすくてカラダにだるさを感じてしまう・・・。そんなカラダの異変を、歳のせいだと片づけてしまうのはまだまだちょっと早すぎます。女性特有のさまざまな不調の根っ子のところを突き止めて、適切な対処を施すことで、健やかで明るい毎日を取り戻しましょう。

価格 内容量 分類

1,800円(税抜)

30錠(1回1錠、1日1回)

要指導医薬品