大豆 女性ホルモン

イソフラボンだけじゃない!大豆に秘められた驚くべきパワー

 

栄養素が豊富な大豆食品

 

大豆は、それに含まれるイソフラボンが、女性ホルモンの “エストロゲン” とよく似た働きをすることから、イライラや鬱、腹痛や肌荒れといった女性ホルモンが原因の身体の不調には、特におすすめできる食材としてもてはやされていますが、大豆の力はイソフラボンだけではありません。こちらのページでは、大豆の力をもう一度深く考察してみたいと思います。

 

 

 

大豆たんぱく

必須アミノ酸をバランスよく含んだ大豆たんぱくは、血中の余分なコレステロールをを抑えてくれるだけでなく、中性脂肪まで減らしてくれる働きが確認されました。また、大豆たんぱくには食事に含まれるコレステロールの吸収を抑えたり、メタボ予防、骨粗鬆症を防ぐ効果なども期待できます。

 

大豆ペプチド

大豆ペプチドはアミノ酸より体内への吸収が速いとされ、大豆ペプチドを摂取したあとに運動をすると、より早い脂肪燃焼効果が期待できます。また、血管にアプローチして血圧低下に貢献してくれたりもするのです。

 

大豆レシチン

大豆レシチンは、大豆に含まれる油脂成分で、不飽和脂肪酸のことです。不飽和脂肪酸といえば、血液サラサラ効果で名高い “DHA” や “EPA” を思い浮かべますが、大豆レシチンだって負けてはいません。血管内にアプローチする大豆レシチンは、動脈硬化、高脂血症、脳卒中など、血管に関わる病気の改善や予防が期待できる成分なんです。

 

大豆オリゴ糖

腸の中で善玉菌のエサになって、腸内環境の改善に効果を発揮するオリゴ糖。にんにくやごぼう、はちみつ、味噌にも含まれるオリゴ糖ですが、大豆に含まれる大豆オリゴ糖は、他のオリゴ糖よりも少ない量で、腸の中にいる善玉菌の量を増やすという特徴が認められています。

 

食物繊維

一見すると食物繊維というイメージがあまりない大豆ですが、実は食物繊維が豊富なことで有名なゴボウにも負けないくらい、大豆には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維の注目される効果としては、血糖値の抑制が知られていますが、意外や意外、食物繊維には便秘を改善する効果も期待できるということです。

 

 

 

大豆にはこの他にも、ビタミンやミネラルで骨を強くしたり、サポニンで血液をサラサラにしたりと、色んな栄養素の宝庫と言っても過言ではないくらいの、素晴らし食品なのです。

 

下手なサプリメントを買うくらいなら、大豆食品を積極的に食べた方が、健康的には有意義だといえるでしょうね。

下手なサプリメントはもう要らない!女性ホルモンに威力を発揮!おすすめサプリメントはコチラ!


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ