40代 女性 うつ

うつっぽく感じる症状と更年期の関係

更年期のうつ

 

原因がはっきりとしないうつっぽい症状。

 

 

仕事や家事のストレス? それとも人間関係? はたまた働きすぎによる慢性疲労からくるうつ症状?

 

 

原因を特定できないうつの症状は、思い悩めば思い悩むほど、それが新たなストレスとなって更なるうつの深みへはまって行く危険も・・・

 

 

日常生活に深刻なダメージを及ぼすうつ症状は、早急に医師の診断を仰ぐ必要がありますが、その前に、今考えられるうつの可能性をもう一度考えてみましょう。

 

 

ただうつっぽいと感じているだけだとしても、その原因はさまざまで、自分では思っていないほどの深い原因があったりします。

 

 

例えば・・・

 

個人的な事情
  • 家族や友人、仕事上での人間関係がストレスになっている
  • 家族や友人を含む親しい人との別れ
  • 幼少期の体験がトラウマになっている

 

身体的な事情
  • 慢性疲労
  • 脳に関係する病気やケガ
  • 生理前、更年期による身体の不調

 

 

これ以外にも、遺伝的側面や、性格によってもうつになりやすい性格というものがあるようです。

 

 

リーダー的存在で責任感が強く、しかも性格が極めて真面目という人に限って、うつになりやすいという報告もあります。

 

 

いずれにせよ、うつの症状が感じられ、日常生活に支障をきたすほどにまで進行している場合は、すみやかに医師を受診すべきです。

 

 

自分のうつ症状はどの医者にかかるべきか? といろいろ悩む方も多いと聞きますが、まずはかかりつけのお医者さんで十分です。

 

 

かかりつけ医

うつの程度がひどいものであったならば、かかりつけの医師が症状に応じて精神科や神経内科など、適切な医者を紹介してくれるはずです。

 

 

また、症状が軽微なものと判断された場合は、そのお医者さんで精神安定剤などを処方してもらって様子をみるケースもあります。

 

 

ただ、上に挙げたうつ症状の原因のうち、「生理前、更年期による身体の不調」に該当する場合は、婦人科の受診が必要なケースも出てきます。

 

 

女性が40歳をすぎて、50歳にさしかかろうとするあたりに出てくる更年期の症状には、重だるさや疲れ、のぼせやほてり、耳鳴り、動悸といった体の症状の他にも、イライラや不眠、不安感といった心の症状もあります。

 

 

そしてこの心の症状が、うつ症状を誘発するケースもあるのです。

 

更年期のうつ症状、その原因と対策

更年期に起こるさまざまな身体の不調は、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少してしまうために起こると考えられています。

 

 

実際、エストロゲンは30代半ばを境にして徐々に減少傾向をたどっていくのですが、40代半ばあたりからその減少割合が急激になります。

 

 

減少傾向

そしてこの急激なエストロゲンの減少が自律神経に影響を及ぼして、更年期のさまざまな体の不調が引き起こされます。

 

 

では、そんなエストロゲンの減少が引き起こす更年期における体の不調に対して、どのような対策が有効になってくるのでしょう?

 

 

自律神経のバランスを整える

エストロゲンの減少が自律神経に影響を与えるということは先ほども触れましたが、この仕組みを簡単に説明しますと、

 

 

長年分泌され続けてきたエストロゲンの分泌量が激減するために、自律神経がパニック状態になってしまうわけです。

 

 

自律神経が「分泌しろ!」と言っているのに、体の方はそれに対して鈍い反応しかできなくなる。

 

 

そのために自律神経は「あれっ?」となって、「どうして、どうして?」とパニックに陥ってしまうのです。

 

 

ですから、そんな自律神経を少しでもなだめてあげるためにも、自律神経のバランスを日ごろから整えてあげる必要があります。

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があって、交感神経は活動しているときに主に働く神経で、副交感神経は休息しているときに働いてくれる神経です。

 

 

これらの自律神経のバランスを整えるには、やっぱり基本は規則正しい生活です。

 

 

本来活動している日中に休息、つまり眠っていたり、本来休足している深夜まで働いていたり、

 

 

そんな生活が続いてしまうと、自律神経はますます混乱してしまいます。

 

 

昂ぶった交感神経を鎮めるには、温めのお湯にじっくりつかって副交感神経を刺激したり、アロマオイルやハーブを用いるのも効果的です。

 

 

入浴

また、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、自律神経のバランスを整えるのに効果的だと言われています。

 

 

定期的にウォーキングやジョギングの時間がとれない方も、通勤の手段などをを工夫して積極的に歩くことを心がけてみるのも良いでしょう。

 

 

栄養バランスの良い食習慣

エストロゲンの減少によって乱れがちなホルモンバランスを整えるには、栄養バランスの良い食事を心がける必要があります。

 

 

次に紹介する栄養素は、ホルモンバランスを整える栄養素の代表格です。日ごろの食習慣に積極的に取り込むようにしたいものです。

  • イソフラボン … 納豆、豆腐、豆乳、きなこ、などの大豆製品
  • ビタミンE … アーモンド、落花生、かぼちゃ、モロヘイヤ、うなぎのかば焼き、など
  • ビタミンB6 … 肉類のレバー、さんま、まぐろ、かつお、にんにく、バナナ、など

 

関連記事検索

関連ページ

大豆再考 〜女性ホルモン力を高めるには?〜
栄養満点の大豆食品を、イソフラボン以外の栄養素にスポットを当てて紹介しています。
疲れが残る、疲れやすい|40代女性と更年期対策
40歳を過ぎて、疲れが残りやすくなった、疲れやすくなった。このような方多いんじゃないでしょうか?でもこれを、加齢のせいだとあきらめていては、いつまでたっても疲労感や倦怠感とはサヨナラできない可能性も・・・? 40代女性の疲労感や倦怠感を二つの角度から原因を掘り下げて、その対処方法を考えてみました。ぜひ参考になさってください。
40代女性の眠気|だるくて眠くて仕事にならない!
40代女性の眠気はどのようなことが原因となって起きてしまうのでしょう?生理前や更年期といった、女性にとって避けては通れない二つの要素を中心に、その原因と対策を掘り下げてみました。
気になる更年期の尿漏れ対策
更年期の悩みの一つ、尿漏れに関する原因や種類、そして対策などをまとめてみました。

トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ