40代 女性 眠気

40代女性の眠気の正体は?

眠気を我慢する女性

40代になったとたん、急に眠気がして仕方がない、だるくて眠くて仕事にならない!

 

そのような女性のお悩みをいろいろな方面で耳にすることが多いのですが、これってやっぱり、更年期が近いから?

 

一般的に更年期とは閉経時期をはさんだ前後約10年をいうのですが、40代前半ですと更年期の一歩手前、後半以降ならすでに更年期を迎えられた方も多いのではないでしょうか?

 

けれど、昔の記憶を呼び覚ましてみると、20代や30代の生理前にも眠気がひどくて仕方なかったという経験がおありの方も多いでしょう。

 

いずれにせよ、これらの女性の眠気というのは、どうやら仕事のやりすぎや、寝不足が影響しているわけではなく、女性の体の中で起こっている “女性ホルモン” が大きく関与しているようです。

40代女性の眠気、生理前との関係は?

20代でも30代でも、そして40代でも、生理前に眠気を感じてしまうのは当然のことです。女性なら誰でも、生理周期の体温の変化をグラフにしたものを見たことがあると思います。

 

生理周期における体温の変化の折れ線グラフ

(※小林製薬・命の母総合サイト「女性のからだとホルモンバランス」より

 

 

このように、生理前の「黄体期」と呼ばれる時期は、普段よりも体温が高くなっていることが分かります。

 

これは黄体期に黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されて体温が高くなるのですが、その理由は、妊娠が起こったときに備えて、受精卵が正常に育つように体を温めなければならないからです。

 

けれど人間の体は体温が高いと、質の良い睡眠は得られません。

 

普段私たちが眠っている夜の時間は、体や臓器、筋肉を回復させるために体温は下がるのが普通の状態です。

 

けれど黄体期に、黄体ホルモンの分泌に伴う症状として体温が高くなってしまうと、自分がしっかり眠ったつもりでも、良質な睡眠が得られていないケースが多く、それが昼間の倦怠感や眠気に繋がってしまうのです。

 

これが生理前の眠気の基本的な考え方です。

40代女性の眠気、更年期との関係は?

一方で、更年期にさしかかった女性が感じる「眠気」は、生理前のそれとは少し違ったメカニズムになります。

 

すでに更年期に入った方も、または更年期の一歩手前といった方も、体の中に分泌される女性ホルモン、「エストロゲン」の分泌量の絶対量はかなり少なくなっています。

 

女性の年齢に対するエストロゲンの分泌量

(※小林製薬・命の母総合サイト「女性のからだとホルモンバランス」より)

 

このエストロゲンの減少は、交感神経と副交感神経といった自律神経系にも大きなダメージを与えます。
エストロゲンが分泌されはじめるのがだいたい8〜9歳くらいですから、それから40歳を過ぎるまでの30数年間、順調にエストロゲンが分泌され続けていたのものが、更年期の年齢にさしかかると、そんなエストロゲンの分泌量の減少が顕著なものになってきます。

 

今まで順調にあったものがなくなってきたことで、脳の中の「視床下部」という場所がちょっとしたパニック状態を起こしてしまいます。

 

視床下部は女性ホルモンの分泌をコントロールしている機関でもありますから、このエストロゲンの減少には「驚きを隠しきれない」といったところでしょうか。

 

脳の中の視床下部のイメージ

視床下部という場所は、自律神経とも大きな関わりがありますから、視床下部のパニックは、交感神経と副交感神経という二つの自律神経のバランスも乱してしまうことになります。

 

交感神経というのは、活動しているときの、緊張しているとき、ストレスを感じたときに働く神経で、副交感神経はその逆で、休息をとっているとき、眠っているとき、リラックスしているときにはたらく神経です。

 

この二つの自律神経のバランスが崩れてしまうと、眠っているときに交感神経がはたらいたり、昼間活動しているときに副交感神経がはたらいてしまったりといったことが起きてしまうのです。

 

更年期や更年期前に起こる、夜眠れなくなったり、昼間眠くなったりする症状は、このような自律神経の乱れが原因で起こる症状だと考えられています。

40代女性の眠気対策

では、このような眠気はどうすることもできないのでしょうか?

 

眠気がまったくなくなるような対処方法というのはちょっと期待できないかもしれませんが、症状を改善する方法ならいくらか考えらますので紹介してみたいと思います。

 

生理前の眠気対策

生理前の眠気は、良質の睡眠が得られていないことが原因の一つとして考えられますので、その対策としては、いかに良質の睡眠が取れるかにかかっています。

 

朝日を浴びる

朝日を浴びることによって体内時計はリセットされます。この習慣を続けることによって、自律神経の乱れも改善の方向へ導かれます。

 

適度な運動

適度な運動は睡眠の質を向上させます。けれど一日運動しただけでその夜の睡眠の質が向上するのかといえばそうではありません。

 

睡眠の質の向上は、適度な運動を継続的に行うことで、その効果が期待できるようになります。

 

刺激物の排除

寝る前の刺激物は交感神経を刺激してしまい、質の高い睡眠を得られ難くしてしまいます。

 

刺激物というのは何も食べ物だけではありません。

 

質の良い睡眠を妨げる、寝る前に控えたい代表的な刺激物を挙げておきますので参考にしてください。

 

  • コーヒー、紅茶など、カフェイン含有物
  • 過度なアルコール
  • スマホ、パソコン、ゲーム機など、電子機器の操作
  • 夜遅い時間の食事、激しい運動

 

更年期の眠気対策

更年期の眠気は、自律神経の乱れが主な原因となっていますので、できるだけ自律神経のバランスを保ってあげることに注意することが必要になります。

 

体内時計を整える

生理前の眠気対策の項でも述べましたが、体内時計を整えることは自律神経のバランスを整えるきっかけにもなります。

 

朝日を浴びることも効果的ですが、早寝早起きを心がけることも自律神経を本来のリズムに巻き戻す効果的な方法です。

 

有酸素運動を取り入れる

ジョギングやウォーキング、水泳、自転車などを軽めに行う有酸素運動は、副交感神経を刺激して交感神経を休ませて自律神経を整える効果的な方法です。

 

週に1〜2度という程度ではなく、少なくとも3〜4日は実行して、習慣付けることが大切です。

 

アロマのにおい

アロマのにおいを嗅いでリラックスすることで自律神経を整えていきます。

 

できることなら就寝前や入浴中にアロマを使用すると効果的です。

 

関連ページ

大豆再考 〜女性ホルモン力を高めるには?〜
栄養満点の大豆食品を、イソフラボン以外の栄養素にスポットを当てて紹介しています。
そろそろ更年期? 40代女性のうつ症状について
40歳を過ぎたころからの原因の分からない不安やイライラ、そして落ち込み。これらの症状を放置しておくと、日常生活にも支障をきたしてしまいます。更年期が近いということもしっかりと頭に入れた上で、これらの症状と向き合ってみましょう。
疲れが残る、疲れやすい|40代女性と更年期対策
40歳を過ぎて、疲れが残りやすくなった、疲れやすくなった。このような方多いんじゃないでしょうか?でもこれを、加齢のせいだとあきらめていては、いつまでたっても疲労感や倦怠感とはサヨナラできない可能性も・・・? 40代女性の疲労感や倦怠感を二つの角度から原因を掘り下げて、その対処方法を考えてみました。ぜひ参考になさってください。
気になる更年期の尿漏れ対策
更年期の悩みの一つ、尿漏れに関する原因や種類、そして対策などをまとめてみました。

トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ