イライラ解消サプリの成分 ギャバ

ギャバがストレスやイライラに及ぼす影響

ストレス・イライラのイメージ

ギャバは正確には “Gamma Amino Butyric Acid” と言って、その頭文字を取って 『GABA』 、すなわちギャバと呼ばれています。最近ではコンビニやスーパーなどでもこの 『GABA』 の文字を見かけることが多くなりましたが、コンビニやスーパーで見るギャバは、主にチョコレートとして売られているもの。カカオに含まれるギャバ成分をに目を付けた菓子メーカーが、仕事などでストレスを抱えるサラリーマンやOLをターゲットに販売展開しているようです。では、ギャバがストレスやイライラに及ぼす影響について見ていきたいと思います。

 

ギャバはアミノ酸の一種なのですが、同じアミノ酸でも、疲労回復やダイエット効果などで知られるたんぱく質を構成するアミノ酸とは少し違って、ギャバは主に脳や脊髄などに存在して、抑制系の神経伝達物質としての役割を果たしています。

ギャバは抑制系の神経伝達物質

 

細かなことは分からなくても、脳などで働く “抑制系の神経伝達物質” と聞いただけで、なにやらストレスやイライラには効果がありそうな気がしてきますよね。

 

イライラ解消

それで、ストレスやイライラについて語るときにもう一つ知っておきたいアミノ酸があります。それは “グルタミン酸” 。ギャバが 『抑制系』 の神経伝達物資なら、グルタミン酸は 『興奮系』 の神経伝達物質になります。通常私たちの脳の中では、このギャバとグルタミン酸の綱引きによってそのバランスが保たれています。ギャバは本来その必要量が身体の中で自然に作られストックされているのですが、ひとたび精神的なストレスに見舞われた場合、その量はグングンと減少の一途をたどり、グルタミン酸との綱引きに負けてしまうことになるんです。グルタミン酸との綱引きに負けるということは、すなわち 『興奮系』 が脳の中で優勢となってしまいますので、そうなるとイライラや攻撃的な気分が引き起こされるというわけです。
興奮系(グルタミン酸) VS 抑制系(ギャバ) の綱引きに負けるとイライラが発生

 

興奮系のグルタミン酸が優位の状態を回避するには、ギャバを体内に補充する必要が出てきます。現代社会はストレスに満ちていますので、身体の中で自然に作られるギャバの量だけでは足りなくなってしまう人が多いのです。ギャバを外部から補充するには、ギャバの多く含まれる食品を摂取するのが効果的ですが、なかなかそれも難しい方にはサプリメントによる摂取という方法もあります。

 

ギャバを多く含む食べ物

発芽玄米、トマト、なす、アスパラガス、じゃがいも、かぼちゃ、きゅうり、キャベツ、ニンジン、メロン、ぶどう、みかん、など

 

ストレス・イライラ解消に、ギャバの入ったおすすめサプリメントはコチラ!


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ