大豆イソフラボン サプリ

大豆イソフラボンのサプリメント、その効果について

大豆イソフラボンのサプリメントに期待する効果は、もちろん女性ホルモンの分泌バランスの安定でしょう。

 

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンの一つである “エストロゲン(卵胞ホルモン)” と似た働きをすることから、

 

エストロゲンの分泌量が減少の一途をたどる40過ぎの女性には、得るものが大きいというわけです。

 

大豆イソフラボン

でも、いざ大豆食品を積極的に食べようと思っても、なかなかうまくいかない人のために、大豆イソフラボンをサプリメントにしてギュッと詰め込んだ大豆イソフラボンのサプリメントが人気を得ているのです。

 

エストロゲンの減少が引き起こすさまざまなカラダの不調を、エストロゲンと似た作用をする大豆イソフラボンの摂取によって歯止めをかけるというのが大豆イソフラボンの効果ということになりますが、では、エストロゲンがカラダから減っていってしまったら、どのようなカラダ不調が引き起こされてしまうのでしょうか?

 

主な症状を三つ挙げておきます。

 

肌荒れ

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれているくらい、女性の美容とは切っても切れない関係にあります。

 

エストロゲンは肌に潤いを与え、瑞々しい状態に整えてくれます。

 

イライラ

エストロゲンの減少が直接イライラを招くわけではありませんが、エストロゲンの減少という女性ホルモンのホルモンバランスの乱れが自律神経に悪影響を与えて、自律神経がパニック状態になることで、イライラした気持ちを誘発してしまうと考えられています。

 

脂肪

エストロゲンは女性のカラダを女性らしく作り上げるサポートをしてくれています。

 

例えば丸みを帯びた女性独特のしなやかなラインや、胸のふくらみなどもエストロゲンの貢献が大きな部分です。

 

けれど、そんなエストロゲンが減ってしまうと、女性らしい体のラインを維持していくことが困難になってきます。

 

顕著な例では、カラダに脂肪がつきやすくなり、体型が崩れてしまう原因を作ってしまうのです。

 

脂肪がついてしまった女性

このようなエストロゲンの減少に伴うさまざまな症状を緩和するために、女性は40歳を過ぎたあたりから、植物エストロゲンとも呼ばれている大豆イソフラボンの摂取に関心を持つようになるのです。

 

 

大豆イソフラボンは、豆乳や納豆などの大豆食品を食べることで簡単に摂取できますが、最近の研究の成果として、イソフラボンの先ほど述べた効果について、注意点が必要になってきたみたいですので、ここでちょっとご紹介しておきます。

 

2種類のイソフラボン、アグリコンとグリコシドって何?

一口にイソフラボンと言っても、その中には2種類のイソフラボンがあるってご存知でしたか?

 

一つは「アグリコン型イソフラボン」、そしてもう一つは「グリコシド型イソフラボン」です。

 

この中で、グリコシド型イソフラボンは、分子についている糖の影響などから、腸での吸収が速やかに行われないのに対して(およそ2割の吸収率)、アグリコン型イソフラボンは、最初から糖がついていないので、速やかに腸に吸収されます(およそ8割の吸収率)。

 

まあ、難しいことは抜きにして、グリコシド型よりアグリコン型の方が腸に吸収されやすい、つまり効果が期待されやすいということ。

 

次に、このアグリコン型イソフラボンにも、さらに3つの種類が存在します。それは;

 

  • ダイゼイン
  • グリシテイン
  • ゲニステイン

 

の三種類。

 

そしてこれらを、エストロゲンと似た作用を示す順に並べると、

 

  • ゲニステイン・・・強く示す
  • ダイゼイン・・・弱い
  • グリシテイン・・・示さない

 

となります。

 

そう考えると、ゲニステインをたくさん摂取した方がいいように考えがちですが、実は、エストロゲンと似た作用が弱いと考えられているダイゼインには、さらに隠されたパワーが眠っているのです。

 

スーパーイソフラボンとしてのエクオール

みなさんは「エクオール」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

エクオールとは、巷では「スーパーイソフラボン」とも呼ばれている、美容と健康に高い効果が期待できる成分なのですが、このエクオールは、先ほどご紹介した、「ダイゼイン」から変換される成分なのです。

 

エクオールがどのくらい凄いのかは、金沢大学の小川先生が講演の中で次のようにおっしゃっています;

このエクオールがなぜ注目されているかというと,エストロゲン様作用が, もとの大豆成分であるダイゼインやゲニステインよりずっと強いのです。ですから,エクオールを作る菌を持つ人は,エストロゲン様作用が強いエクオールができてきますから,少ないイソフラボン摂取量でもエストロゲン様作用が強く出やすいという傾向が予想できるのです。
(※ 講演 「大豆イソフラボンの有効性と安全性を考える」より引用)

 

でも、小川先生もおっしゃっている通り、エクオールと言うのは、体内で作れる人とそうでない人に分けられてしまいます。

 

エクオールを作るには、腸の中に「エクオール産生菌」という腸内細菌が必要で、それがない人は、そもそもエクオールは作れないのです。

 

エクオールを作る腸内細菌

現在の研究報告では、日本人の場合、約半数の人が体内でエクオールを作ることができないと考えられています。

 

そして、そこで注目されているのが、エクオールのサプリメントです。

 

現在では、発酵技術の進歩によって、大豆イソフラボンを発酵させて「エクオール」をつくることができるようになってきています。

 

当サイトでご紹介しているエクオールのサプリメントは、このような過程を経て世に生み出されたサプリメントなのです。

 

 

エクオールのサプリメントはコチラ ⇒ エクオールのサプリメント

 

関連ページ

【セロトニンサプリメント】市販や通販の状況と効果や副作用を調査
セロトニンは神経伝達物質の一つなのですが、このセロトニンが不足してしまうと、心と身体のバランスが崩れて、イライラを引き起こしてしまうおそれがあります。セロトニンの分泌をサポートしてくれるセロトニンサプリメントが今注目を集めています。セロトニンサプリの販売状況や効果、副作用などを徹底調査、ぜひご参考になさってください。
ストレスに効く? 話題のアミノ酸 “ギャバ” について
チョコレートに配合されることで一気に市民権を得た人気のアミノ酸 “ギャバ(GABA)” 。ストレスやイライラ解消の手助けをしてくれると話題になっていますのが、その真相は?
PMS対策の定番ハーブ “チェストツリー” の効能は?
古くから女性の不調を緩和するハーブとして用いられてきたチェストツリーですが、近年の科学的研究の成果として著しい発展を遂げました。チェストツリーはイライラ解消の特効薬となれるのでしょうか?
月見草オイルの効果とサプリメント
月見草オイルは女性のイライラやその他の女性の不調にどのような効果をもたらしてくれるのでしょう?月見草オイルの効果についてまとめてみました。ぜひ参考になさってください。
PMSに最適のヒハツサプリメントの効果・効用って?
手先、足先の冷えでお悩みの方に、ヒハツの効果や効用についてご紹介しています。どうぞ参考になさってください。
イライラの原因と女性ホルモンとイソフラボン
女性の健康サプリメントなどによく配合されているイソフラボンという成分。実はこれ、女性ホルモンと密接な関係があるってご存知でしたか?イライラの原因と女性ホルモンとイソフラボンについてまとめてみました。

トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ