イライラの原因と女性ホルモンとイソフラボン

女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボン

女性のイライラは、その原因が生理前症候群にあったにせよ、更年期によるものにせよ、女性ホルモンが大きな影響を及ぼしているのは間違いがないようです。

 

そんな中、女性のイライラ解消対策のサプリメントには必ずと言っていいほど配合されているのが “イソフラボン” です。

 

では、どうしてイソフラボンと言う成分がこれほどもてはやされているのか?

 

それは、イソフラボンが、女性ホルモンの一つである “エストロゲン” とよく似た働きをすると考えられているためです。

 

女性ホルモンには “エストロゲン(卵胞ホルモン)” と “プロゲステロン(黄体ホルモン)” の二つがあり、それぞれがバランスを取り合って、女性のカラダの大事な仕事をサポートしています。

 

エストロゲンの主な働きは:

  • 女性らしさを形成する
  • 女性らしいカラダをつくり(胸のラインの形成や美肌効果)
  • 子宮に働きかけ、妊娠の準備として、子宮の内膜を厚くする
  • 自律神経、感情の動き、骨、皮膚、脳の働きに関与
  • 基礎体温を下げる

 

一方、プロゲステロンの主な働きは:

  • 妊娠を強力にサポート
  • 受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整える
  • 妊娠後は妊娠を継続させる働き
  • 体内の水分を保持、食欲増進
  • 基礎体温を上げる

 

 

このようなことから、エストロゲンは別名 「美肌ホルモン」 とも呼ばれているのですが、一方のプロゲステロンは、体のむくみやニキビなどを作りやすくしえしまう働きもあるので、「ブスホルモン」 と呼ばれたりもします。

 

 

この二つのホルモンが、それぞれバランスを取り合って、女性のカラダの大事な仕事をサポートしていると先ほど触れましたが、往々にして、エストロゲンがプロゲステロンに対して優位なときは体調も優れて気分がよく、逆にプロゲステロンが優位なときはそれとは逆で、体調もすぐれず気分が落ち込み、時にイライラした気分まで招いてしまうことになります。

 

 

具体的には月経が始まってから排卵まではエストロゲンが優位、排卵から次の月経まではプロゲステロンが優位となり、これらのことから月経前のイライラなどはホルモンのせいだという考え方が出てきているのです。

 

 

そして、プロゲステロンが優位の状態において、イライラの症状が強すぎて生活に支障をきたすような場合は、ホルモンのバランスが崩れていることも考えられますので、そうなると婦人科などでの治療が必要な時もありますが、生活に支障をきたすほどでもないけれど、やっぱりちょっと体調がすぐれないと言った場合には、エストロゲンとよく似た働きを持つイソフラボンが配合されたサプリメントが威力を発揮するケースもあるのです。

 

 

イソフラボンはサプリメントから摂取する以外でも、大豆製品にたくさん含まれていますので、自分のイライラの原因がホルモンバランスの乱れによるものだと疑っている人は、日ごろから豆腐や納豆などの大豆食品を積極的に食べるようにするといいかもしれません。ただ、妊娠中の女性やホルモン治療を受けている女性の方などは、日常の食生活に上乗せして摂取する大豆イソフラボンに関しては注意が必要となります。

女性のイライラ解消など、おすすめサプリメントランキング


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ