眼精疲労 イライラ

パソコンによる目の疲れはイライラを招く?

眼精疲労の女性

 

女性のイライラ解消には、さまざまな原因が指摘されているようですが、そんな中でも見落としがちなものに 『眼精疲労』 があります。、眼精疲労はそのまま放置してしまうと、イライラや不安感、抑うつ、など自律神経に関係する症状へと発展するおそれがあるのです。

 

人は、休憩を取らずに歩き続けていると、当然身体のさまざまな個所に疲れが生じます。そして、それでもなお歩き続けていると、最後には疲れを通り越して、身体の故障や怪我を発症して、ついには歩けなくなってしまいます。そして、人間の目もそれと全く同じ理屈が当てはまるのです。

 

よく勘違いされている人で多いのは、『疲れ目』 と 『眼精疲労』 を同じものだと考えている人です。疲れ目というのは、パソコンやスマホを長時間使っていたり、本を読み過ぎたりしたときに目が疲れたと思っても、一晩ぐっすり眠れば回復するものを言います。一方で眼精疲労は、一晩寝ても、休憩をとっても、目の痛みや頭痛、肩こりなどの症状が残ってしまっているときのことを言います。また、回復したと思っても、またすぐに同じような不調が現れた場合も、それは眼精疲労と考えるべきです。

 

眼精疲労の主な原因は目の酷使、先ほど触れたパソコンやスマートフォンの使い過ぎや、長時間に及ぶテレビ、DVDの鑑賞、また長時間活字に向かうなどがそれに該当します。また、ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症などの目の病気が関係して起こる眼精疲労、それに近視や乱視、老眼などの矯正不良も眼精疲労を引き起こす大きな原因だと考えられています。加えて、身体の疲れや睡眠不足、ストレスなども眼精疲労を引き起こす場合があります。

 

そして眼精疲労対策ですが、まず、眼精疲労が疑わしい場合は、早めに眼科医を受診するべきです。ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症などの目の病気は大丈夫か? または今の自分にはメガネが必要か否か?自分が今使っているメガネは自分の視力に合っているか? などをしっかりと眼科医で診てもらうと良いでしょう。

 

それ以外では眼精疲労を防ぐには、まずは目の酷使を避けること。仕事などでどうしてもパソコンに向かわなくてはならない場合には、適度に休憩を取ったり、パソコンからのブルーライトをカットするパソコン用のメガネを装着するといいでしょう。また、自宅や仕事場の照明の明るさや、湿度、そしてパソコンや本に向かう身体の姿勢なども、改善できる点があれば改善するべきです。あとは十分な睡眠と適度な運動でストレスを発散させてあげましょう。

 

また最近では、日ごろから目を酷使している方向けのサプリメントも数多く販売されていますので、それらを効果的に利用するのも良いでしょう。

目の酷使を自覚している方に、おすすめサプリメントはコチラ!

 

 

トップページへ ⇒ 女性のイライラ解消に!【おすすめサプリメントランキング】

 


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ