女性のイライラ 生理前症候群

女性のイライラと生理前症候群

生理前症候群は別名生理前緊張症とも良い、アルファベットの頭文字を取って、単にPMS (プレ・メンストラル・シンドローム=月経前症候群) と呼ばれることもあります。

 

生理前症候群の症状は実に多岐にわたり、今の自分の不調が果たして生理前症候群なのかどうか? ちょっと戸惑ってしまうこともあります。

 

生理前症候群の内的(心に現れる)症状には、

イライラして怒りっぽくなる、気分が落ち込む、不安感が募る、ピリピリとした緊張感が常にある、集中力の欠如、無気力、倦怠感 、不眠、日中の眠さ etc・・・

 

などがあり、外的(体に現れる)症状には、

乳房が張る、お腹が張る、頭痛、関節痛、筋肉痛、顔や足のむくみ、ニキビや吹き出物などの肌トラブル、便秘、めまい、ほてり、吐き気、動悸 etc・・・

 

などがあります。

 

体調がすぐれない女性

 

これらの症状が果たして月経前症候群なのかどうかは、症状の現れ方を見て判断するしかありませんが、月経前の3〜10日の間に上記のような内的症状や外的症状が持続して起こり、月経開始とともにその症状は軽くなるか、またはなくなってしまうなら、それは月経前症候群の可能性が高いと考えられます。

 

 

そして、これらの症状を引き起こす月経前症候群は一体なにが原因なのかは、諸説論じられてはいるものの、明らかになったものはないと言うのが現状のようです。

 

ただ、考えられる原因としてよく言われている説は、女性ホルモンのバランスの乱れからくる脳内物質への影響、そしてビタミンやミネラルなどの微量栄養素の不足などがあります。

 

 

これらの症状に合致して、仕事や日常生活に支障をきたす心配があるならば、早めに婦人科を受診することをおすすめします。

 

婦人科では、利尿薬、鎮痛薬、または低用量ピルなどを使った薬物療法と、食事、運動などの生活習慣を見直して症状の改善を目指す非薬物療法での治療が一般的です。

 

 

けれど、月経前症候群でお悩みの方に多いのは、辛い症状に悩まされていながらも、医者を受診するほどのものではないと、症状をそのまま放置している人です。

 

そのような気持ちは理解できますが、症状を放置したままでは、その症状は重くなることはあっても、完治する可能性は低いと考えられます。

 

もし、お医者さんを受診する時間がなかったり、今のような症状で受診するのはちょっと気が引けると言うような方は、月経前症候群に特化したサプリメントもありますので、まずはそちらを利用してみてはいかがでしょう。

 

サプリメントは薬ではなく、健康補助食品という位置づけですので、軽い症状の方でも安心してご利用になれると思います。

女性のイライラ解消など、おすすめサプリメントランキング

 


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ