女性ホルモン サプリメント

女性ホルモンのサプリメントを飲む意味

女性ホルモンのサプリメント

 

女性にとって女性ホルモンが大事だってことは、これはもうあたりまえのことです。

 

女性ホルモンにはもちろん、子供を宿して、産んでといった妊娠・出産に関わる機能も備えていますが、

 

それと同じくらい大切な、女性を女性らしく魅せるという機能も、女性ホルモンは備えています。

 

たとえば、女性らしい丸みを帯びたカラダをつくったり、肌や頭髪の潤いを保ったり・・・

 

でも残念なことに、そんな女性ホルモンは30.歳のの半ばをピークにして、どんどんどんどん減っていきます。

 

減っていく理油はただ一つ、女性ホルモンの分泌量自体が減っていくからです。

 

30歳を過ぎて、40歳の手前にさしかかったころから、「なにかおかしい?」 「本来の自分はこんなんじゃなかった?」

 

と思いはじめる女性の多くは、女性ホルモンが少なくなってきたという自覚を自然に感じ取っているのでしょう。

 

けれど、そんな自覚を自覚のままで放っておいたら、やがて「更年期」という大変な時期が、またしてもあなたの女性らしさをどんどんどんどん奪っていきます。
だるくて疲れやすい、意味なくイライラする・・・

 

こんな更年期特有の症状も、女性ホルモンが少なくなっている証拠なのです。

 

 

そこで、本来の自分をとり戻すべく、女性ホルモンのサプリメントを飲んで、減ってしまった女性ホルモンを補ってあげたいわけですが、サプリメントを飲んだだけで、本当に女性ホルモンは元に戻ってくれるのでしょうか?

 

本来の自分をとり戻すことはできるのでしょうか?

 

女性ホルモンのサプリメント・・・マカは何をしてくれる?

女性ホルモンのサプリメントを探している人に、大変人気がある「マカ」のサプリメント。

 

でも実際この「マカ」って、いったい何をしてくれるのでしょうか?

 

栄養豊富な健康食材マカ

マカとはもともと南米ペルーの高原植物で、古くはインカ帝国の時代から現地の人々重要な食べ物として利用されてきました。

 

マカの最大の特徴はその栄養価の高さです。

 

標高4000メートル以上の高地で生育するため、その過酷な自然条件を克服するだけのパワーがマカ自体に備わっているのでしょう。

 

一度マカを育てた土地には、その後数年間はマカは育たないと言われるほど、マカは過酷な自然環境と戦うために、大地の栄養分を根こそぎ吸い取ってしまうのです。

 

マカに含まれる豊富な栄養素、たとえば、カルシウムや鉄など数種類のミネラルや豊富なビタミンは、カラダの健康、機能を整えてくれて、大量のアミノ酸は若さの根源を支えてくれます。

 

ペルー産や日本の国産などで、含有する成分にも違いがでてくるようですが、いずれにしてもその栄養価の高さは健在です。

 

マカの女性に対する効能としてよく知られているのは次の通りです;

 

美肌

マカには大量のアミノ酸が含まれていますが、その中のアルギニンというアミノ酸は、成長ホルモンの分泌を促して肌老化の予防をサポートしてくれます。

 

また、マカに含まれる豊富なビタミン(ビタミンB群、ビタミンEなど)、そして亜鉛などのミネラルが血行を促進し、新陳代謝を正常な状態に近づけてくれますので、肌を若々しく保つ効果が期待できます。

 

更年期

マカに含まれる豊富な栄養素には、更年期特有のうつ症状や不安症を和らげる効果が期待されているほか、骨粗鬆症の予防にも役立つという報告があるようです。

 

 

 

 

このように、マカは女性ホルモンのサプリメントというよりは、その豊富な栄養素がいろいろな症状に働きかけてくれる健康食材と言ったほうがしっくりくると思います。

 

と言うのも、マカには女性が必要とする栄養素の他にも、滋養強壮を目的とした男性にも好まれる栄養素が豊富に含まれているからです。

 

 

いずれにしても、栄養バランスのしっかり摂れた食習慣を送っている方なら、わざわざマカのサプリメントで新たに栄養を補給する必要はないのかもしれません。

 

女性ホルモンのサプリメント・・・更年期の救世主、イソフラボンは何をしてくれる?

大豆イソフラボンが手軽に摂れる豆乳

 

マカが栄養豊富な健康食材としたら、イソフラボンは正真正銘の女性ホルモンのサプリメントということができるのでしょうか?

 

イソフラボンは主に、大豆の胚芽部分にたくさん含まれているポリフェノールの一種なんですが、このイソフラボンは女性ホルモンの一つ “エストロゲン(卵胞ホルモン)” とよく似た働きをすることで知られています。

 

なのでイソフラボンは、「植物性エストロゲン」 などと呼ばれることもあります。

 

イソフラボンの摂取は、加齢の影響で減ってしまったエストロゲンを補う効果が期待できますので、そんなイソフラボンのサプリメントは、これこそ本当の 「女性ホルモンのサプリメント」 いうことができるかもしれません。

 

ただ、最近の研究では、ただ単にイソフラボンを摂取しただけでは女性ホルモンを補うことにはならない人がいる? という報告もされているようなので、注意が必要なのです。

 

というのも、イソフラボンが代謝してダイゼインという大豆成分に変化するのですが、このダイゼインこそが最近話題を集めている「スーパーイソフラボン」の元のかたちなのです。

 

「スーパーイソフラボン」とは、美容と健康に高い効果が期待できる「エクオール」という成分の別称なのですが、このエクオールを体内で作る事ができるのは日本人のおよそ半分と言われているんです。

 

エクオールを作るには、お腹の中の腸の中に「エクオール産生菌」という腸内細菌が必要で、そもそも日本人の中でそのエクオール酸性菌を持っている人は、およそ半分しかいないらしいのです。

 

腸内細菌

つまり日本人は50%の確率で、イソフラボンを摂取しても女性ホルモンの働きが期待できない人がいるってことになります。

 

外国人だとこの比率も少し違ってくるのですが、日本人の場合はそういうデータがでているのです。

 

けれどご安心ください。最近の発酵技術が日進月歩で進化を遂げていますから、大豆イソフラボンを発酵させてエクオールを作り出すことにすでに成功しているのです。

 

体内でエクオールを作れないなら、体外で作ったサプリメントとしてのエクオールを体内に入れてしまおうということで、昨今では更年期の女性向けサプリメントは、大豆イソフラボンからエクオールへと進化して行っているのです。

 

 


トップページ 生理前のイライラサプリ 更年期のイライラサプリ 不眠からくるイライラサプリ